脂肪肝を治す方法。肝パワーEププラスなどのサプリも効果あるの?

脂肪肝を治す方法。肝パワーEププラスなどのサプリも効果あるの?

 

脂肪肝を減らす方法には適度な運動や暴飲暴食を控えること、肥満の解消が重要です。
ただこれを毎日行うのは難しいので、そこで治す一つの方法としておすすめなのが「肝パワーEプラス」などのサプリです。

 

脂肪肝は肝臓の働きを助けるオルニチンや溜まった脂肪を排出するタウリン、肝機能を高めるサポニンが効果的です。
これらを効率よく摂れるのが「肝パワーEプラス」です。

 

肝パワーEプラスは肝臓に良い牡蠣やにんにく、南高梅を使っています。
牡蠣は広島産の大粒牡蠣で含まれているタウリンは肝臓の脂肪排出を促します。

 

タウリンを体内で合成するのに欠かせないメチオニンやシスチン、ビタミンB6B12も入っています。
脂肪肝が原因の朝の倦怠感も改善してくれると評価されていて、他にも長野のニンニクと南高梅で疲労回復とスタミナも高まります。

 

牡蠣やニンニク、梅は肝臓のパワーを高めるには欠かせない食材です。
南高梅はクエン酸がたくさん含まれていて身体の中には乳酸が溜まりやすいですが、それを防いでくれます。
梅の中でもクエン酸やミネラルが豊富な和歌山県の紀州産の梅を使っています。

 

牡蠣には亜鉛が豊富で海のミルクとも呼ばれていて栄養豊富です。
ただ食べられる季節も限られていて毎日食べるには価格が高めです。
サプリなら手軽に低価格で摂取することが出来ます。

 

そしてニンニクは長崎県のジャンボニンニクで通常の4倍程の大きさです。
栄養が豊富に入っていてその中でもスタミナとなる成分のスコルジニンは通常のニンニクの約2倍です。

 

他にもビタミンやカルシウム、食物繊維やカロチンなど健康に必要な栄養素がたくさん含まれています。